実は、糖尿病は癌を引き起こすことを知っていますか?
一見、なんの関係もなさそうなそれぞれの病気ですが、
糖尿病患者の方は癌リスクが2倍にも上がるといわれています。

糖尿病患者の方で特に気を付けないといけないといわれている癌に
すい臓がんがあります。
すい臓癌は肝臓がんと同じく、沈黙の臓器といわれるほど、
癌の症状が出にくいです。
しかも、すい臓自体が見えにくく、癌を発見しにくいため、
知らず知らずのうちに癌が進行していって仕舞うからすい臓がんは怖い。

糖尿病患者の方がすい臓癌リスクが高まる理由として、
インスリンが深く関係しています。
糖尿病患者さんに投与されるインスリンは、糖代謝を促して
血糖値を下げるため、糖尿病患者さんに使われている薬なのですが、
逆にインスリンが癌細胞の増殖を促す働きもあるといわれています。
糖尿病患者はすい臓癌リスクが高まるといわれている理由はこれなんですね。
こんなに医学が発達しているのなら、癌細胞を増やさないインスリンが
開発されてもおかしくないと思うのですが、難しいんですか。。
糖尿病患者さんは、腹部超音波検査や腹部CT検査など定期的に健診を受けることですい臓がんのリスクを下げる必要がありそうです。

また、すい臓がんだけでなく癌全体のリスクも上げてしまうといわれている糖尿病。
糖尿病は癌だけじゃなく、進行することで体の一部の壊死や失明もしてしまう怖い病気です。
まずは、糖尿病にならないような生活習慣を身に着けるのが一番!

糖尿病にならないための生活をおくりましょう。
やっぱり、禁煙。
怖い病気にどうしてもかかわってくるのがタバコです。
禁煙をして、糖尿病やがんのリスクを回避させましょう。
また、受動喫煙もタバコを吸っているのと同じこと。
いや、それ以上に悪いとも言われていますね。
受動喫煙をしないよう、灰皿の近くには近づかない。
家族に喫煙者がいる場合には、外で吸ってもらうようにするなど
家族内の喫煙ルールを作って大切な家族が癌にならないようにしてあげましょう。

そして、お酒の飲みすぎにも注意です。
ついつい飲みすぎてしまうお酒。
お酒の飲みすぎも糖尿病や癌のリスクを高めます。
適度な量で健康的に飲みたいものです。
日本酒なら1合まで、ビールなら大瓶1本(633ml)まで
といわれています。

塩分を控えること、適度な運動を心がけることも
糖尿病回避に効果的です。
塩分は1日当たり男性なら8,0㎎、女性なら7,0㎎といわれています。
ただ、gで言われてもわかりにくいのが本音。
塩分って食塩だけじゃありませんからね。
醤油にも入っているし、様々な加工食品などにも入っていて
知らず知らずのうちに塩分摂取をしています。
自炊を心がけ、薄味の食事を心がけましょう。

運動は、1日60分程度のウォーキングが適しているようです。
電車やバスの利用を控えて毎日歩くことを心がけたいものです。
運動を心がけることで、肥満解消にもなります。
肥満体は糖尿病リスクを高めますので、
運動とヘルシーな食事を心がけ、メタボを解消させましょう。

その他にも、甘いものの食べすぎや高カロリー、高脂肪の食事にも
気を付けて下さい。
野菜中心、良質のたんぱく質に大豆製品。
これらの食品を毎日の食事に取り入れることも心がけて
健康維持していきましょう。

このように、食事や運動、禁煙にダイエット。
ちょっとした心がけで糖尿病だけでなく、癌のリスク、様々なほかの病気のリスクも下げることができるんです。
ちょっとしたことですが、未来の自分のため。
病気を発症してからでは、後悔しかありません。
心がけと実践、続けることで何十年後も健康を維持できる。
そう思ったら、今のうちから良い習慣を身に着けるしかありませんね。

癌にならないために日常的にできること

芸能ニュースを見ていても気になるのは癌のこと。
最近も何人かの芸能人ががんで亡くなったり、
癌を患って闘病に入る。などというニュースを目にします。
癌が日本人の死因で増えているというのもうなずけます。

癌になったら、やっぱり死ぬのかな~。
癌にならないためにはどうしたらいいのかと考えさせられます。

癌にならないために日常的にできること。
禁煙ブーム到来で喫煙者が少なくなったとはいえ、
やっぱり多いのが、肺がんです。
タバコは百害あって一利なしといわれている通り、
タバコは健康に良くないだけでなく、肺がんリスクも高める要因になっています。
吸う人は吸わない人に比べて約2倍の癌リスクを負っています。
また、タバコは肺癌だけでなく、食道がんや喉頭がんなど様々な
癌のリスクを上げてしまうので、禁煙を心がけたいものです。
そして、受動喫煙もがんのリスクを上げるので
タバコを吸っている人の近くには近寄らないこと。
タバコを吸う人は、煙が擦っていない人のところに行かないよう
マナーを守って吸いましょう。

さらに、日常で気を付けたいのが飲酒。
適量なら血行が促進されて健康にもいいといわれていますが、
飲みすぎは肝臓がんのリスクを高めてしまうんですね。
分かってはいるけれど。。。休肝日を作るなどして肝臓をいたわりましょう。
飲酒によって乳がんのリスクも上げてしまうそうです。
何の関係があるのかわかりませんが、飲酒をする女性としない女生徒では、1,8倍もの差が出るそうです。

また、塩分も癌のリスクを高めるといわれています。
もともと、日本人って塩っ辛いものが好きですからね~。
漬物に、塩辛なんて、つい食べ過ぎちゃいます。
塩分を控えるためには、醤油のかけすぎや味噌汁を薄めにする。
漬物の食べすぎにも注意しましょう。

緑黄色野菜や果物を食べることもがんのリスクを下げるとして
いいらしいですよ。
毎日の食卓に、緑黄色野菜を極力取り入れる。
朝食に果物を食べるなどして、癌にならないための体作りをしましょう。

そして、朝食に欠かせないソーセージやベーコン、ハムなどの加工肉の食べすぎには注意しないといけません。
加工肉には動物性脂質がたっぷりです。また、二トロン化合物という物質を含んでいます。
この物質は発がん物質が含まれているといわれているため、
加工肉の食べすぎには注意が必要です。

猫舌さんにはあまり関係ないかもしれませんが、
いぬ舌さんには注意して頂きたいことがあります。
熱すぎるものを摂取しすぎると喉頭癌や咽頭癌のリスクが上がるそうですよ。
熱いものは熱いうちに食べたい。
分かりますが、一気に口に入れずにゆっくりと口に運ぶことで
熱すぎに注意して下さい。

イソフラボンは癌のリスクを下げます。
癌細胞を抑制する作用があるそうです。
大豆製品を食べるよう心がけましょう。

太りすぎも注意です。
高脂肪、高カロリーの食品を食べ続けていると
乳がんや子宮ガン、大腸がんのリスクを高めます。
BMIで肥満体と出ている方は、適度な運動を心がけ
ヘルシーな食べ物を食べて痩せましょう。
大腸がんのリスクを下げるには、乳製品や食物繊維がいいそうです。
腸内環境を整えることで、大腸癌リスクを下げることができるということです。

魚が好きな方は聞いてください。
焼き魚の焦げは胃がんのリスクを高めるといわれています。
焼き魚の焦げは意識して食べないようにしましょうね。

癌は早期発見であれば、治る病気とも言われています。
とにかく、1年に一度の検診が大事になってくるんですね。
特に乳がんは遺伝性が強いとも言われているので
身内の方で乳がんを発症している方をお持ちの方は
しっかり検診に行きましょう。
また、オッパイが大きいからと言って、乳がんリスクが高まるということはないそうですが、やっぱり検診は大事です。

ロゲインを使えば薄毛が改善する!?

というのも、ロゲインの有効成分がミノキシジルであるから。

もともと、ミノキシジルという薬品は高血圧患者が使用している薬です。
ミノキシジルが高血圧患者に使われているのは、
血管を拡張させて血流を良くする働きがあって、血圧を下げる効果があるんで
高血圧症患者の治療薬として
使われていたんだけど、
その患者の多くに発毛が見られたという話がありました。

ということは、ミノキシジルを高濃度に配合させたロゲインなら
発毛するんじゃないかと思うんです。

ロゲインとは。
ロゲインは、1980年にアメリカのファイザー社が開発した育毛剤です。
男性型脱毛症=AGAの治療薬として発売されています。
ロゲインを使用した試験検査では、84%の人に発毛効果が見られたとも言われています。
その効果は、早い人だと1,2週間だそうです。
遅くても、2から4か月だと報告されていました。

そんなに素晴らしい発毛効果があるのなら、ぜひ使ってみたいという方も多いでしょう。

けれど、ご存知の方も多いと思いますが、
ロゲインは薬局では買えません。
ミノキシジルを高濃度に配合させているロゲインは日本では販売の認可が下りてないので
薬局では買えないんだけど、クリニックとか通販、輸入代行者を使って輸入して
買うことはできます。
個人でやり取りすれば、安く買えるという話ですが、
寝んどうであれば、代行してくれる業者がたくさんあります。

ただ、輸入代行者の中には悪質な代行者もあるので、
口コミなどの評判を確認したりして、確実な業者から購入しましょうね。
別の商品が届いたとか、商品が届かず
詐欺られたなんて話があるらしいよ~。

ロゲインの注意点
他にも、ロゲインを使用する上での注意点があります。
それは、副作用に関してです。

ロゲインの副作用
発毛効果が高いロゲインは副作用も報告されていました。
・かゆみが出る
・かぶれる
など、皮膚トラブルっていうのがありました。

なので、ロゲインを使用するときには、必ず使用方法を守って使いましょう。
用法用量を守って使わないと、副作用が出る可能性が大だからです。

あと、ロゲインを使って初期脱毛っていうのがあるらしいです。
初期脱毛っていうのは、
古い毛が抜けて、新しい毛が生えてくるための準備らしいんですが、
最初は、ビビるかもしれません。

それと、ロゲインを使ったからと言って全部のハゲに効果があるというわけじゃないんで注意です。

ロゲインはM字ハゲとか生え際のハゲには効果はないって言われてますよ。

私には効きました。
これが便秘に効く!
私がおススメする"トクホ"!ファイブミニとラブレ

もともと、便秘症なので普段から飲物には意識していました。
ヤクルト飲んだり、ヨーグルトを食べたり、いろいろ。
いろいろ試したなかでも、私の便秘には効いたってのが、
ファイブミニトラブレです。

ファイブミニはもともと昔から好きなジュースでした。
食物繊維がおおっていうので昔から有名でしょ。
で、最近になって気が付いたんだけど、ファイブミニもトクホなんだね。
食物繊維飲料として特定保健用食品の許可が下りているジュースだったんです。
しかも、ビタミンCなんてレモン15個分だよ。
お通じにも、お肌に良いことばかりジャン。
おいしいし、ジュースとしては安心なので子供にも飲ませています。
子供ってジュース好きでしょ。
ファイブミニなら微炭酸出し、同じジュースを飲むなら
体にいい方選びたいよね。
ただ、量が少ないがちょっぴり不満、瓶なのも不満だけどね。
まあ、そんなわけで飲んでるとお通じもよくなったなーなんて
効果が実感できたわけです。

そして、もう一つおススメなのがラブレです。
こっちも私には効果覿面でした。
ラブレは、生きたまま乳酸菌が腸に届くので、
ダイレクトに便秘にアタックできます。

でもって、ラブレは植物性乳酸菌だから
便秘に効果があるみたいよ。
ヨーグルトのような動物性乳酸菌よりも
植物性乳酸菌の方が腸に届くそうです。
だから、ヨーグルトを食べてもあまり効果がなかったのかもしれないし、
ラブレの方が便秘に効いたのかもしれません。

他にも家庭で乳酸菌を取るには
味噌や醤油、ぬか漬けやしば漬けなんかもいいらしいですが、
これらの食品は、塩分の気になるところなんだよね。
味噌ならまだしも、醤油は漬物はほどほどにしないと
今度は塩分の取りすぎでむくみが気になっちゃいます。
そう思ったら、ラブレの方が体にもいいのかなと。

ファイブミニやラブレならコンビニでもスーパーでも買えるので
手軽に美味しく続けられるのもうれしいんですよね。

もちろん、これ以外にも便秘に飲物を飲んでいます。
朝一番に白湯を飲むでしょ。
これも便秘にいい感じがします。

白湯なら毎日飲めるし、体を冷やさずお通じをよくできるので
便秘にもダイエットにも効果的でおススメですよ。

便通の良しあしで気分も全然変わります。
便秘だと、体は重いし、体重は気になるし、吹き出物ができるし
いいこと全くないもんね。
飲物を意識して変えてみるなんて、ちょっとしたことだけど、
効果があったりするので、これからも試していきたいと思っています。

コレステロールが高いなんて言葉を聞いたら、ゲーっしかありませんでした。
健康診断なんかで必ず出てくるでしょ。
見ても全く詳しいことはわからなかったし、コレステロールって聞いただけで
低い方がいいに決まってるって思って、
あんまり気にしたことがありませんでした。
でも、コレステロールって全部が全部悪いわけじゃないそうです。
高くていいコレステロールと低い方がいいコレステロールがあるそうですよ。

知っていましたか?
HDLコレステロールとLDLコレステロール。
私が分かりやすく解説させて頂きます。

ズバリ!
高くていいコレステロールは、HDLコレステロールです。
HDLコレステロールが高いほうが血管系の病気を防ぐことができるからよ。

HDLコレステロールは血液が詰まらないようにしてくれる
善玉コレステロールとも言われています。

HDLコレステロールが善玉コレステロールといわれているわけは、
血中の余分なコレステロールを取り除いてくれるからなんです。

なので、HDLコレステロールが高ければ高い程
血液サラサラ。
血管系の怖い病気である、動脈硬化や高血圧に無縁の体を手に入れることができるんです。

ただ、、、HDLコレステロールはこんなことで低くなります。
喫煙、運動不足

でも、大丈夫!増やすことだってできるんです。
HDLコレステロールの増やし方
・腹八分目の食事
・よくかんで食べる
・食事する時間を一定にする
・就寝前の2時間は食べない
こうしてみると、簡単ですね。
けど、意外と難しかったり。
良くかんで食べる、腹八分目かあ。。

ドンくらいの数値が良いのかというと
普通に健康な人で40から80だそうです。
まれに、100って人もいるそうですが、
それは遺伝的な物なので、そこまでなくても十分健康に暮らせるってことです。

そして、低い方が良いのはLDLコレステロールの方。
こっちは、HDLとは逆に、血液をドロドロにして
動脈硬化や高血圧症の危険性のもとになる
悪玉コレステロールです。

でもって、さらにこのLDLコレステロールが悪いのは、
大事なHDLコレステロールまで減らしてしまうからです。

本当に厄介なLDLコレステロールを減らすには
HDLコレステロールを増やすことが大切です。
・アルコールを飲みすぎない
・甘いものを食べすぎない
なども含めて、中性脂肪を増やさないようにするしかないし、
HDLコレステロールが増える生活を心がけるしかありません。

分かっちゃいるけど。。。
健康で長生きするために、日々意識して行っていきましょう。

近年は、様々な情報が私たちの耳に入ってくるようになり、
しみやシワなどの皮膚の老化や、薄毛、また色々な病気の発症の原因が紫外線によるものだと思われるようになりました。

そのため、多くの紫外線を含む太陽光を浴びることは、
とても悪いことなんだと考えている人も少なくないかもしれません。

でも本当に太陽光を浴びることは「百害あって一利なし」なのでしょうか。

確かに紫外線は良くないのですが、太陽光を浴びることは悪いことだけではないのです。

例えば、太陽光にはビタミンDを作り出して、カルシウムの吸収を良くする効果があります。
骨の成長のためには、太陽光も少しは必要なんですね。
もし、全く太陽の光を浴びないで生活するとなると、骨はもろくなってしまう可能性もあるでしょう。

それ以外にも、太陽光は人間の生態リズムを正しくするためにも必要だと言われています。
太陽光を浴びると内臓の働きが正常になり、新陳代謝が良くなります。
神経や筋肉の緊張を緩和したり、消化吸収も良くなり、ホルモンバランスも整ってくるといわれています。

また紫外線を照射するというような治療もあって、
コレステロール値を下げることができたり、高血圧の人の血圧を下げたり、
心臓の働きを良くする効果もあるみたいです。

また、太陽光を浴びると脳にセロトニンが作られるので、
最近多くなっているうつ病なども、太陽光によって改善しやすくなるようです。

このように太陽光を浴びる事は、意外とメリットもあるのです。

もちろん、紫外線の浴びすぎはやはり良くないと思うのですが、
私たち人間にとって、太陽のない生活はありえないとも言えるので、
太陽光とはうまく付き合っていかなければならないでしょう。

タバコがもたらす様々な疾病・・・

たばこが健康に良くないと分かっていても、
どうしてもやめられないって人は多いみたいですね。

たばこがどうして有害なのかというと、
煙の中には、化学物質が4千種類以上も含まれていて、
有害物質は250種類以上あり、その中のタールやニコチン、一酸化炭素などは特に有害物とされています。

よって、たばこを吸うとガン、呼吸器や循環器の疾患や消化器の疾患、歯周病などにもなりやすくなります。

ガンは、有害物質が肺から血液に吸収されて発症するそうですね。
また、呼吸器疾患はたばこの煙をダイレクトに受け止めてしまうので、炎症を起こしやすくなるものと思われます。

循環器疾患は、一酸化炭素やニコチンなどが影響していると考えられ、
消化器疾患については、ニコチンが自律神経に作用するため身体の組織の働きを低下させるようです。

また、女性でたばこを吸う人は性機能にも影響が出ると言われています。
女性の喫煙者は非喫煙者よりも不妊症になる可能性が高く、閉経も早くなりがちで、
更年期障害なども普通以上にひどくなる場合があるそうです。
妊娠中にたばこを吸っていると、流産しやすくなったり、
生まれてくる赤ちゃんが低体重児になるケースもあるので気をつけましょう。

他にも、味覚や臭覚が衰えたり、口腔粘膜が固くなったり、色素が沈着したり、
内臓にも影響が出るため、クローン病などになってしまう人もいるみたいです。

こういった、たばこによる被害は喫煙者本人だけじゃなくて、
喫煙者の周りにいる人達も健康被害を被ってしまう場合も多いとされています。

ですので、ニコチン依存症になっているとなかなか止められないこともあるようですが、
できるだけ、たばこは止めるようにした方が良いでしょう。

糖尿病のメカニズムを簡単に言うと・・・

現在、ほとんどの人が糖尿病という病気を知っていると思いますが、
どのようにして起こる病気なのか?などのメカニズムについては、
よく分かっていない場合もあるみたいですね。

糖尿病は一般に、血糖値が異常に高い状態である病気です。

健康な人であれば、食べた食物は胃で消化されて、腸でブドウ糖へと分解されます。
それからブドウ糖は血液に流れていくのですが、
その時に、すい臓が血液中にインスリンを出して、ブドウ糖は細胞の中に吸収されます。
インスリンの働きのおかげで、血液中のブドウ糖の量は減って、
血糖値が下がって正しい値へと戻ることになります。

でも、糖尿病になるとブドウ糖が細胞の中に入っていかないので、
栄養を吸収できずに健康を維持することが難しくなってしまうんですね。

その原因としては、すい臓の機能に問題があってインスリンをちゃんと分泌できなかったり、
細胞側にあるインスリン受容体の働きが弱っていることが考えられます。

糖尿病は甘い物を食べると発病すると思っている人がいるようですが、
必ずしも甘い物を食べすぎたからといって、糖尿病になるわけではありません。

でも、太りすぎは糖尿病になるリスクが高くなるので気をつけましょう。

糖尿病は大きく分けて1型と2型があって、それぞれに原因や治療法も異なります。

1型は膵臓でインスリンを分泌するβ細胞が死滅してしまう病気で、
生活環境が原因でない場合が多く、10代で発症する人がほとんどのようです。

一方、2型は糖尿病患者の約9割を占めていて、
遺伝的要素に加えて、主に生活環境が原因であると考えられています。

こういった糖尿病の患者数は、1960年頃に比べると数万人から700万人以上にも増えていて、
糖尿病の予備軍を含めた場合は数千万人にも及ぶそうです。
気をつけましょう!

便秘気味な人が要注意なのが大腸の病気です。

日本人は便秘になっている人がたくさんいます。

たいていの子は自分が便秘になっていても、そのことが大事なこととは思わないようです。

便秘をしたままになっています。

ひどい子になったら、何週間も便秘をしています。

友人では、2週間も便秘をしていてもあたりまえ!

とか言っています。

ひどいよね。

便秘をしていたら大腸がんとかの病気になってしまうので、便秘を簡単に考えているのはよくないでしょう。

自分も前は1週間便秘をしたこともあったのですが、今は便秘をしないように気をつけています。

便秘になったら大腸がんにもなるし、体にはよくないことも多いから気をつけていかなくてはならないです。

自分はおじさんが大腸がんになった経験があるので、多分体質的にも大腸がんになってしまうことも考えられますので、病気のことは気にかけています。

便秘をしなくなったら、体調も良くなってきたと思うのです。

これからも便秘をしないように、体のことを大事にしていきます。

キミもたかが便秘...。

と簡単に考えていたら、大きな病気になってしまうので、便秘にならないように体のことには気をつけてください。

便秘解消をして、体を元気にして長生きしていきましょう。

便秘解消はお肌がきれいになる効果もあるし、いいことがたくさんあるのですから、便秘解消をやって体の中から元気になってください。

人間のおなかの中に便が詰まっていたら、考えただけでも健康になれないと思いませんか?

日本人の食事は、世界的に見ても栄養バランスがとれていて理想的と言われています。

唯一よくないのは塩分が多いことです。

しょうゆを使いますから、塩分過多になっています。

しょうゆはあまり使わない方がいいのです。

何でもしょうゆをかける人がいますけれども、体を考えたらやめたらいいのに。

しょうゆをかけていたら、胃ガンになってしまいます。

自分はしょうゆはやめました。

胃ガンにはなりたくないから。

自分は、じいさんが胃ガンで死んでいます。

じいさんも辛いものや塩気が好きだったので、そのせいで胃ガンになったのかもしれません。

塩気が足らないとしょうゆが恋しくなりますが、だいぶ慣れてきました。

食べ物は慣れが大事です。

自分はできたら長生きをしたいので、病気にはなりたくないのです。

みんな同じ気持ちでしょう。

病気にならないように、食べるものには気を使っていきたいです。

食べ物を変なものを食べていたら、病気にかかる危険度も高くなってしまいます。

おいしいものも食べながら、病気にはなりたくないなと考えています。

キミも食べるものには気をつけて、健康で病気にはならないようにしてくださいね。

しょうゆとか味噌とか漬物とか、日本人の食卓は塩分過多になっているので気をつけていかなくてはならないのです。

病気になってから、食べ物に気を使っていたらよかったと嘆いても遅いからです。