2014年1月アーカイブ

便秘気味な人が要注意なのが大腸の病気です。

日本人は便秘になっている人がたくさんいます。

たいていの子は自分が便秘になっていても、そのことが大事なこととは思わないようです。

便秘をしたままになっています。

ひどい子になったら、何週間も便秘をしています。

友人では、2週間も便秘をしていてもあたりまえ!

とか言っています。

ひどいよね。

便秘をしていたら大腸がんとかの病気になってしまうので、便秘を簡単に考えているのはよくないでしょう。

自分も前は1週間便秘をしたこともあったのですが、今は便秘をしないように気をつけています。

便秘になったら大腸がんにもなるし、体にはよくないことも多いから気をつけていかなくてはならないです。

自分はおじさんが大腸がんになった経験があるので、多分体質的にも大腸がんになってしまうことも考えられますので、病気のことは気にかけています。

便秘をしなくなったら、体調も良くなってきたと思うのです。

これからも便秘をしないように、体のことを大事にしていきます。

キミもたかが便秘...。

と簡単に考えていたら、大きな病気になってしまうので、便秘にならないように体のことには気をつけてください。

便秘解消をして、体を元気にして長生きしていきましょう。

便秘解消はお肌がきれいになる効果もあるし、いいことがたくさんあるのですから、便秘解消をやって体の中から元気になってください。

人間のおなかの中に便が詰まっていたら、考えただけでも健康になれないと思いませんか?

日本人の食事は、世界的に見ても栄養バランスがとれていて理想的と言われています。

唯一よくないのは塩分が多いことです。

しょうゆを使いますから、塩分過多になっています。

しょうゆはあまり使わない方がいいのです。

何でもしょうゆをかける人がいますけれども、体を考えたらやめたらいいのに。

しょうゆをかけていたら、胃ガンになってしまいます。

自分はしょうゆはやめました。

胃ガンにはなりたくないから。

自分は、じいさんが胃ガンで死んでいます。

じいさんも辛いものや塩気が好きだったので、そのせいで胃ガンになったのかもしれません。

塩気が足らないとしょうゆが恋しくなりますが、だいぶ慣れてきました。

食べ物は慣れが大事です。

自分はできたら長生きをしたいので、病気にはなりたくないのです。

みんな同じ気持ちでしょう。

病気にならないように、食べるものには気を使っていきたいです。

食べ物を変なものを食べていたら、病気にかかる危険度も高くなってしまいます。

おいしいものも食べながら、病気にはなりたくないなと考えています。

キミも食べるものには気をつけて、健康で病気にはならないようにしてくださいね。

しょうゆとか味噌とか漬物とか、日本人の食卓は塩分過多になっているので気をつけていかなくてはならないのです。

病気になってから、食べ物に気を使っていたらよかったと嘆いても遅いからです。

塩分の取りすぎが脳卒中を引き起こす!

生活習慣病がどうのこうの、ってよく耳にするけど、
ふだんの生活習慣によって引き起こされる疾病というのは実にたくさんあるのです。

その代表格が脳卒中。脳内の血管が切れることで命の危機にも及ぶ非常に怖い疾病です。

この疾病の原因が脳内の血管の流れ。この流れがうまくスムーズにいっておらず、
どこかで血管が詰まっていたりすると、血管自体が切れてしまったりするのです。

血管につまりなどができてしまう原因としては毎日の食生活が非常に影響しているのです。

特に外食は冷凍食品、コンビニなどを多用する人は要注意ですね。
あとは麺類なんかも意外に多くの塩分がふくまれているのです。

こういった食生活を長く続けていいると、血液の流れそのものが悪くなり、
血管の流れが滞ってしまい、最悪の場合は脳卒中などを引き起こしてしまうというわけです。

いくら毎日健康的に体を動かしていてもやはり重要なのは食べ物なのです。

あの、長嶋さんは日ごろから濃い味付けの食事を好んでいたのが、
脳卒中の原因という説すらありますからね。

病気をして楽しいことなど一つもありません。
すべては健康であることが何より重要なのです。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.7

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。