私が分かりやすく解説します!HDL、LDLコレステロール|高くて良いのは?低くてよいのは?

コレステロールが高いなんて言葉を聞いたら、ゲーっしかありませんでした。
健康診断なんかで必ず出てくるでしょ。
見ても全く詳しいことはわからなかったし、コレステロールって聞いただけで
低い方がいいに決まってるって思って、
あんまり気にしたことがありませんでした。
でも、コレステロールって全部が全部悪いわけじゃないそうです。
高くていいコレステロールと低い方がいいコレステロールがあるそうですよ。

知っていましたか?
HDLコレステロールとLDLコレステロール。
私が分かりやすく解説させて頂きます。

ズバリ!
高くていいコレステロールは、HDLコレステロールです。
HDLコレステロールが高いほうが血管系の病気を防ぐことができるからよ。

HDLコレステロールは血液が詰まらないようにしてくれる
善玉コレステロールとも言われています。

HDLコレステロールが善玉コレステロールといわれているわけは、
血中の余分なコレステロールを取り除いてくれるからなんです。

なので、HDLコレステロールが高ければ高い程
血液サラサラ。
血管系の怖い病気である、動脈硬化や高血圧に無縁の体を手に入れることができるんです。

ただ、、、HDLコレステロールはこんなことで低くなります。
喫煙、運動不足

でも、大丈夫!増やすことだってできるんです。
HDLコレステロールの増やし方
・腹八分目の食事
・よくかんで食べる
・食事する時間を一定にする
・就寝前の2時間は食べない
こうしてみると、簡単ですね。
けど、意外と難しかったり。
良くかんで食べる、腹八分目かあ。。

ドンくらいの数値が良いのかというと
普通に健康な人で40から80だそうです。
まれに、100って人もいるそうですが、
それは遺伝的な物なので、そこまでなくても十分健康に暮らせるってことです。

そして、低い方が良いのはLDLコレステロールの方。
こっちは、HDLとは逆に、血液をドロドロにして
動脈硬化や高血圧症の危険性のもとになる
悪玉コレステロールです。

でもって、さらにこのLDLコレステロールが悪いのは、
大事なHDLコレステロールまで減らしてしまうからです。

本当に厄介なLDLコレステロールを減らすには
HDLコレステロールを増やすことが大切です。
・アルコールを飲みすぎない
・甘いものを食べすぎない
なども含めて、中性脂肪を増やさないようにするしかないし、
HDLコレステロールが増える生活を心がけるしかありません。

分かっちゃいるけど。。。
健康で長生きするために、日々意識して行っていきましょう。

このブログ記事について

このページは、seikatsushuukanが2015年5月29日 09:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「太陽光を浴びることは百害あって一利なしなのか?」です。

次のブログ記事は「私がオススメする"トクホ"!ファイブミニとラブレ|これが便秘に効く!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。