癌にならないために日常的にできること

芸能ニュースを見ていても気になるのは癌のこと。
最近も何人かの芸能人ががんで亡くなったり、
癌を患って闘病に入る。などというニュースを目にします。
癌が日本人の死因で増えているというのもうなずけます。

癌になったら、やっぱり死ぬのかな~。
癌にならないためにはどうしたらいいのかと考えさせられます。

癌にならないために日常的にできること。
禁煙ブーム到来で喫煙者が少なくなったとはいえ、
やっぱり多いのが、肺がんです。
タバコは百害あって一利なしといわれている通り、
タバコは健康に良くないだけでなく、肺がんリスクも高める要因になっています。
吸う人は吸わない人に比べて約2倍の癌リスクを負っています。
また、タバコは肺癌だけでなく、食道がんや喉頭がんなど様々な
癌のリスクを上げてしまうので、禁煙を心がけたいものです。
そして、受動喫煙もがんのリスクを上げるので
タバコを吸っている人の近くには近寄らないこと。
タバコを吸う人は、煙が擦っていない人のところに行かないよう
マナーを守って吸いましょう。

さらに、日常で気を付けたいのが飲酒。
適量なら血行が促進されて健康にもいいといわれていますが、
飲みすぎは肝臓がんのリスクを高めてしまうんですね。
分かってはいるけれど。。。休肝日を作るなどして肝臓をいたわりましょう。
飲酒によって乳がんのリスクも上げてしまうそうです。
何の関係があるのかわかりませんが、飲酒をする女性としない女生徒では、1,8倍もの差が出るそうです。

また、塩分も癌のリスクを高めるといわれています。
もともと、日本人って塩っ辛いものが好きですからね~。
漬物に、塩辛なんて、つい食べ過ぎちゃいます。
塩分を控えるためには、醤油のかけすぎや味噌汁を薄めにする。
漬物の食べすぎにも注意しましょう。

緑黄色野菜や果物を食べることもがんのリスクを下げるとして
いいらしいですよ。
毎日の食卓に、緑黄色野菜を極力取り入れる。
朝食に果物を食べるなどして、癌にならないための体作りをしましょう。

そして、朝食に欠かせないソーセージやベーコン、ハムなどの加工肉の食べすぎには注意しないといけません。
加工肉には動物性脂質がたっぷりです。また、二トロン化合物という物質を含んでいます。
この物質は発がん物質が含まれているといわれているため、
加工肉の食べすぎには注意が必要です。

猫舌さんにはあまり関係ないかもしれませんが、
いぬ舌さんには注意して頂きたいことがあります。
熱すぎるものを摂取しすぎると喉頭癌や咽頭癌のリスクが上がるそうですよ。
熱いものは熱いうちに食べたい。
分かりますが、一気に口に入れずにゆっくりと口に運ぶことで
熱すぎに注意して下さい。

イソフラボンは癌のリスクを下げます。
癌細胞を抑制する作用があるそうです。
大豆製品を食べるよう心がけましょう。

太りすぎも注意です。
高脂肪、高カロリーの食品を食べ続けていると
乳がんや子宮ガン、大腸がんのリスクを高めます。
BMIで肥満体と出ている方は、適度な運動を心がけ
ヘルシーな食べ物を食べて痩せましょう。
大腸がんのリスクを下げるには、乳製品や食物繊維がいいそうです。
腸内環境を整えることで、大腸癌リスクを下げることができるということです。

魚が好きな方は聞いてください。
焼き魚の焦げは胃がんのリスクを高めるといわれています。
焼き魚の焦げは意識して食べないようにしましょうね。

癌は早期発見であれば、治る病気とも言われています。
とにかく、1年に一度の検診が大事になってくるんですね。
特に乳がんは遺伝性が強いとも言われているので
身内の方で乳がんを発症している方をお持ちの方は
しっかり検診に行きましょう。
また、オッパイが大きいからと言って、乳がんリスクが高まるということはないそうですが、やっぱり検診は大事です。

このブログ記事について

このページは、seikatsushuukanが2015年10月27日 10:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロゲインの誕生!高血圧患者の薬に発毛効果があった話」です。

次のブログ記事は「実は、糖尿病は癌を引き起こすことを知っていますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。